斜め上からナスコ

言わなくてもいいことを言いたい

こんなに慈悲深い私でも割とガチで許せないこと

 

 

まぁまぁ混んだ電車の中で無心でスナック菓子を貪るの今すぐやめれ。頼むからやめれ。本当に無理だから。たとえそれが岡田将生であっても間違いなくげんなりする。

 

 

ナスコは怒っています。最近こういうシチュエーションに連続で出くわしまして。帰宅ラッシュの時間帯に電車の車内で、なかなかの勢いで袋からポテトチップス食べ続ける奴。大抵そういうことしてるのって、眼鏡かけた髪の毛モサモサの大男なんですけど(偏見)一度目は、ドア付近に立っていた時、わたしの真後ろにスナック男が出現しまして。静かな車内でスナック菓子を噛み潰す音が響き渡るわけですよ。しかも後頭部のあたりから。最悪。他人の咀嚼音って、特に見ず知らずの清潔感のない大男の咀嚼音なんて咀嚼音界の中ででもかなり不快度指数が高いほうじゃないですか。そして音よりもっと不快なのが、かけらが落ちること。他人の肩とか荷物とかに、スナック菓子のカケラがポロポロ落ちることとか想像つかないかな。ってか実際落ちてるし。お前の吸引力がダイソン並みだったら許すが。

 

 

二度目に出くわしたスナック男は、目の前の席に座って少々身を乗り出し気味で無心でカッパえびせんを貪っていた。おい。わたしの靴に粉が落ちてるのわからないか?なんとかして手前がいかに迷惑なことをしているかを分からせたくて、時々大袈裟に咳払いしたりちょっと大きめの溜息をついてみたりするんだけど、全く効果なし。ただただ私がちょっと風邪気味な人かもしくはちょっと不幸気味な人かな?とか思われて終わり。しかもよく見たら、彼が食べてるのはカッパえびせんではなくて、揚げたてのマックのポテトだったのである。は???ムカつき度が上がりましたけど?マックポテト入りましたぁ!!テレレ!テレレ!(マックのポテトが揚がった時の音)ぁありがとうございまぁす!!いいか?揚げたて食いたいなら一旦ホームのベンチで食え?じゃなきゃ家まで我慢しろ?マックのポテトは揚げたてが食べたいのはみんな同じだよ?みんな我慢するんだよ普通は。欲張りすぎな?お???

 

 

ほんでもって時々食べるのをやめて、ちょっと思い詰めた顔すんのもやめれ。ちょっとワケあり風を装ったからといって許されたりはしないからやめれ。こいつ絶対、「家、ついて行ってイイですか?」のスタッフに声掛けられたらホイホイ家に上げるタイプだわ。聞いてもない苦労話を自ら話し始めるタイプだわ。(偏見)こんな都会の雑踏に揉まれてそりゃ帰りの電車でポテト食べたくもなるよね、じゃないんだよ。みんな頑張ってんの。そのまんま高橋優とかの新曲PVに使えそうな毎朝を生きてんの。

 

 

引き続き大袈裟な咳払いとあからさまな溜息を続けながら、早く降りたい・・・とか思っているわたしの前で、男は新たな袋に手をかけた。取り出したのは小さな白い紙袋。「パンの田島」とロゴが入っている。ん?コッペパンかな?と袋を凝視していたが、彼が取り出したものを見たわたしは白目を剥かざるをえなかった。

 

 

彼がかぶりついたのは、きな粉がびっしりとコーティングされた夢のような揚げパンなのであった・・・。

 

 

いい加減にしろおおおおお

 

 

そういうこと続けてるとまじで本当にいつか背後から刺されるからな(私に)夜道は気をつけてね。

 

 

 

もしぺこぱが決勝に行った場合に備えて、にわかファンにならないために今のうちにぺこぱ好きを公言しておく

 

 

ひっっっさしぶりに、はてなブログ開きました。

皆さま長らくお待たせしました、ナスコです。

 

実はちょっとした海外出張のため、ここ数ヶ月LAに滞在していまして、一昨日の夕方に帰国、なんやかんや残ってた仕事を潰して、今日やっとオフでした。といっても、荷ほどきしたり、仕事の電話やら友人からおかえりLINEなどに対応してるうちに、あっという間に日が傾いてしまいましたね。

 

 

 

 

 

・・・なんていう嘘っぱちエピソードを久しぶりに綴れて満足です。とりあえず「なんやかんや」って言葉を一つ入れるだけでそれっぽくなりますよ。これおススメ。(需要なし)

 

 

さて戯れ言はさておき。前回の記事が約半年まえになってしまいまして、あの頃の私は無職生活を送っていたわけですけれども、無事に職も見つかりまして、いまは真面目に働いて暮らしておりますのでご安心くださいね。家から近いとこで探したはずが紆余曲折あって新宿勤務になり、不本意ながら毎日山手線に詰め込まれ職場まで運ばれています。今まで電車通勤とかほぼしたことなかったから、まじで世のサラリーマン、OL各位に尊敬の眼差しを向けたい。仕事に行くために、ある意味仕事よりキツイ満員列車に乗ってやってるっていうのに、なんでこの時間には給料が発生しないのですか?素朴な疑問。誰もそういうこと言わないの?偉いね。

 

狼に育てられた子供が初めて東京にやってきた時みたいなこと言うけど、単純に、え?人間ってこんなにいるの?っていう感想しかない。割と東京寄りの生まれなんですけどね。おかしいね。とにかく今までとは違い過ぎる職場環境なんですけども、慣れてきましてなんとか楽しくやってます。今まで2箇所ほど職場が変わったけれど、ずっと末っ子でやってきたからいろいろ気を使ったり、逆にある意味では気楽なところがあったんだけど、新しい職場にはまだ10代の子とかがいらっしゃって、自分もおばさんになっちまったなぁという気持ちと、歳下にマウントをとることでストレス発散できる嬉しさ(最低)の両方があり、新鮮な気持ちでござる。

 

 

 

そんなことはさておき、冬だね(唐突)

冬といえば鍋だね、冬といえばスキーだね、冬といえば、雪だね。

しかしもっと大事なことを忘れていませんか?そうです!M-1グランプリです!(ローカルテレビでやってるローカルCM並みに振りが下手くそ)

 

というのもこの数ヶ月いろいろ生活のことで忙しく、というかわたくしの「飽きっぽい」という言葉では済ませないほど異常な飽きっぽさのせいで、ブログからもツイッターからもラジオからも離れきりだったので、周辺情報から完全に置いていかれていました。ロンハーだけは毎週見てるから、亮さんのことは詳しいよ☆ しかしロンハーだけじゃ情報が偏りすぎてまして、知らないうちに岩井さんが本出してるし。知らないうちに岩井さんがスッキリの天の声やっちゃったりしてるし。(ファン失格)挙げ句の果てに危うくM–1の存在すら忘れるとこでしたよ。今年のM–1ちょっと時期遅くない?気のせい?いつも12月の頭だった気がするんだけど、今年は準決勝が頭にあって、決勝は月末なのね。待ちきれないな〜!

 

三四郎が準決勝に上がらなかったのがちょっとショック。まぁ相田さんがいま絶好調だからいいことにしましょう。小宮に比べて仕事がないからただただ暇で観始めた古めの連続ドラマと、得意のモノマネの相乗効果で舞い込んじゃった仕事ね。「ドラゴン桜」からはじまり「まだ結婚できない男」で大出世。まじでみんな三四郎ANN聴いてくれ。相田さんの本当の面白さと、こみちゃんの想像を絶する不器用さに気づいてくれ。どちらも愛せる。そしてしっかり相田さん出演回の「まだ結婚できない男」をリアタイしました。俳優だった。イカれてる役最高だわ。つーか本当にイカれてるからねあの人。

 

 

いきなりですがここで、今回の準決勝メンバーから決勝行って欲しいコンビナンバー3っていうナスコ的ランキングを勝手に発表します。

 

3位  トム・ブラウン

昨年の決勝で圧倒的インパクトを残して今年テレビにめっちゃ出てたけど、もし今年も決勝残るとしたらどういうネタでくるのか気になる。

 

2位 ニューヨーク

単純に面白いし、そろそろ出てきて欲しい。けど優勝は無いと思うし、されても癪。(なんの恨みがあるんだよ)

 

1位 ぺこぱ

おもしろ荘以来のファンです。(割とにわかじゃねえか)新しくて最高に面白いし、誰も傷つかない平和なネタ。気になる方はYouTubeで「ぺこぱ」もしくは「松陰寺太勇」で検索してください。強いて言うなら、シュンペイをもう少しうまく使ってほしい、なんてことを言う俺はファンとして自惚れているゥ!!!

 

 

ミキ、かまいたち、和牛は確定、インディアンス、カミナリ、アインシュタインあたりが予備軍、四千頭身東京ホテイソンはまだ行かなくてもいいんじゃないポジションかな・・・わたし的には。あとはよくわからない。あれ、ってかゆにばーすどうしたのよ?いないねぇ川瀬どうしてるかな(笑)

 

 

とにかく今年も楽しみだぞおおお

 

 

 

無職の自覚

 

 

人生の休み時間という名の無職生活を送っております。好きな時間に起きてダラダラ朝ごはんを食べて、夕方までダラダラして。暗くなってからスーパーへ繰り出して、安売りのお惣菜やパンを買い込む。すっぴんで髪もバサバサ。ヒッピーです。ヒッピーライフ。そんな生活もあと1週間で終わり。果たしてわたしは人間に戻れるのでしょうか。

 

 

しかし仕事がない生活というのは、非常に不健全でして。朝早く起きなくていい、好きな時間にご飯を食べていい、昼間からテレビ三昧、瞬間瞬間を切り取ると、楽園みたいな生活!最高!って思うけど、はたと立ち止まって1日を総括して振り返るとなんとも虚しい気持ちになる。なにやってんだワタシ・・・と。会社帰りにスーパーで買い物をしてる同年代くらいのOLさんを見ると、なんか妙に励まされたり。みんな仕事頑張ってるなぁ。みんな偉いよ。偉い。

 

 

23歳かぁ。まだ23。されどもう23。は?ってか23って何?いつも自分の年齢を理解する前に次の歳がやってくる。23歳を分かる前に24になる。怖い怖い。だけど早く大人になりたい。大人になりたいのは数字じゃなくて人間の話。人間ができていないのに、数字は確実に増してゆくのだから怖い。単純だけど恐ろしい仕組みです。

 

 

とかいうことを考えるよね。無職って。困ったね。一晩寝たらもう忘れるけどね。あまりにも暇なので、音楽聴いたり、本読んだり、テレビとかお笑いDVDとか観たりしているんだけど、よく考えたらわたしの趣味って受け身ばかりなんですよね。目や耳から取り入れるものばかりで、能動的な趣味がないので、たまにはアクティブなことをしてみようかなと奮起しまして。といってもアウトドア派ではないので、家の中でできることがよくて、そうなってくるとわたしは料理か製菓が向いてるので、久しぶりにお菓子づくりでもしようと。柄じゃないけど、昔からお菓子づくりは好きでクッキーやパウンドケーキを作るのが好きなんです。まぁ食べるのが好きっていうのもあるけど。材料揃えるのが面倒だから遠のいていたけど、ネットのレシピをみていたらなんかやる気が出てきたわけです。

 

 

前に友達が作ってくれた洋酒漬けフルーツのパウンドケーキが美味しかったことを思い出したので、そうだ ドライフルーツの洋酒漬けを作ろう!と思い立ちまして。なんかモテそうだし。お洒落だし。ってことでネットで必要なものを調べて、いざ富澤商店へ。しかも田園調布の富澤商店だからね。洒落てるだろ?無職女が出かけるところじゃねーよ。てか初めて行ったけど田園調布という街がまずお洒落で笑っちゃう。

 

 

買うものは、瓶詰め用の瓶と、ドライフルーツと、洋酒。マイヤーズラム、グランマルニエ、ブランデー。何やら大人な響きです。てんでお酒に弱く普段からアルコールに縁のないわたしにとって、洋酒を買うなんて完全に大人なお買い物。心踊らせながら店内へ。

 

 

えーっと。まずはラム酒ね。これはまぁ実家にもあったし、見覚えのあるパッケージだわ。結構お値段するのね。200ml、766円。

 

それからブランデー。200ml、637円。ほう・・・。

 

グランマルニエ。200ml、1501円・・・。

 

 

 

ちょっとタンマ。気づいちゃったけどフルーツの洋酒漬けって、無職が始める趣味じゃない。「タンマ」って言葉 久しぶりに聞いた。自分で言ったけど。

 

えっ高くない???そんなにするん?ちなみに一回の洋酒漬けに必要な分量は、ラム200ml、ブランデー150ml、グランマルニエ100ml。全部買ったらいくらになるか分かるかな?洋酒だけで3000円弱。でもって、言うまでもないけどメインはフルーツなのでね・・・。洋酒だけブレンドして瓶に入れても何も始まらないのでね・・・。プラスドライフルーツ購入したら軽く4000〜5000円。

 

 

洋酒売り場の前で、額に玉の汗をいくつも浮かべながら震え上がる女。脇汗が滝。まずい。ここまできてUターンして帰るのは悲しすぎる。でも無職女の洋酒漬けフルーツの野望がここに砕け散ったことは否定しようのない事実。誤魔化しようもなく詰んだ。どうしよう。テンパったわたしは何を思ったかマイヤーズラムと瓶詰め用の瓶だけをカゴに放り込みレジへ突き出す。オイ。それだけ買っても何も始まらないぞ。過去の自分よ。あとで「なんでラム酒と瓶だけ買ってきてんの・・・」ってなることが想像できなかったかい?

 

 

放心状態でなんの迷いもなくレジでお会計を待っている間、店員さんが紙コップを差し出した。

 

「暑いですね。よろしかったらどうぞ」

 

いいえ、この滝汗の原因は暑さではありません。高さです。洋酒の値段の。と言うわけにもいかず、紙コップを受け取り一口飲むと、冷たい麦茶だった。でもただの家の麦茶とは何かが違う。香ばしくて変な後味がない。そうか。これが田園調布住まいのマダムが普段から飲んでいる麦茶か。思わず、おいしいですねと言葉が出る。しかし忘れないでほしい。確かに美味しいのだが、それは夢破れた傷心の状態で飲んだから割増で美味しく感じているだけなのである。大失恋の直後に優しくしてくれる男がどんなに不細工でも、白馬の王子様に見えてしまうような感覚と同じ。

 

 

店員さんがレジ前の棚に積んである袋を指差す。

 

「この麦茶、売れてるんです。水出しもできますよ」

 

「そうねぇ。頂こうかしら。おいくら?」

 

「20袋入って250円ですよ。お安いでしょう」

 

「あら本当。ではこれもお願いします」

 

 

おいくら?っじゃねーよ!マダム気取りが!無職の自覚を持て自覚を!ドラッグストアの店先に積み上がってる30袋入り158円のミネラル麦茶で十分だろ!お前みたいなペーぺーは大人しく鶴瓶師匠に微笑みかけられとけや!という怒りがこみ上げてきたのは、帰宅して袋の中身を見たときですよね。

 

 

瓶と、ラム酒と、高級麦茶。

2019年、夏。何も始まらない予感。

 

f:id:enido_xxxxxworld:20190730145940j:image

 

 

とりあえず全員アンパンマンを観て出直してこい

 

 

暗いよ。世の中暗すぎる。

暗い世の中を明るくしてくれるはずのお笑い界が暗いんだから世も末よ・・・。明るい話しようぜ。最近 流行ってる芸人の話しようぜ。この間、金曜ヒルナンデスの頭にやる名コーナー「超限定マーケティング」で「中学生男女に聞いた今気になってる芸人トップ10」やってたんだが、1位は不動のサンドウィッチマンだったもんでもう彼らには脱帽する。「幅広い世代に人気」が嘘じゃないからすごいよな。3位はチョコプラ。こちら完全に売れました。純粋に嬉しい。んでもう一人 尊敬したのが出川さんな。流行りとかでも若手とかでもないのに確か7位くらいに入ってて感動したわ。

 

 

一つ腑に落ちないのは、お笑い界の舵をきる男こと加地P(しょうもない)が推す若手 宮下草薙がランクインしてなかったことでしたね。まぁ理由は簡単なことなんですけどね・・・華が無すぎて中高生にはウケないでしょう。宮下草薙を語る女子中学生とかいてもちょっと引くしね。宮下草薙の良さを分かるには100年早いわよお嬢ちゃん!って感じ。お嬢ちゃんはEXITにガチで恋でもしてなさい。それが順当ってものよ。

 

ってことで宮下草薙は、大人にウケてるだけだったんですね〜。ネガティブすぎて若者の教育によろしくないからね。宮下草薙のネガティブ漫才が蔓延してお笑い界にも闇が訪れたんじゃないかな、もはや。そのくらいの勢いがあるからねぇ彼ら。あと絶対入ってるわけないけど、入ってて欲しかったのは夢屋まさるね。パンケーキ食べたい♪ パンケーキ食べたい♪

 

 

 

全く話かわるけど、この間アンパンマンを観てたんですね(真顔で言うな) たまたまテレビつけたらやっていたのでなんとなく観てしまったんだけど、気がついたら涙が頬を伝っていたんですよ・・・アンパンマンってめちゃくちゃいい話だな。いつからタイムスリップしてきた奴だよ、今更かよって言いたい方すみません。わたし今までアンパンマンに陶酔している大人をちょっと蔑んでるところありました。正直に言いますけど。高校時代にクラスにいたギャルギャルのギャルがアンパンマン大好きだったからっていう偏見たっぷりの理由もあるんですけどね。今はもうそんなマイナスイメージ1ミリもありませんわ。アンパンマンの魅力に気づいてしまいました。

 

 

わたしが観た話は、なんかスペシャルだったのか、普段のアンパンマンvsバイキンマンとはちょっと違ってたんですよ。いつもならアンパンマン=正義、バイキンマン=悪、簡単に言えば子供向け水戸黄門、日本人が大好きな毎回おきまりの勧善懲悪ストーリーなわけですよね。

 

ところが今回はバイキンマンよりもさらに悪くて強い敵が出てきてアンパンマンを攻撃するっていう展開だったんですよ。で、そいつがなんか知らんがかなり強くて、攻撃を受けた仲間たちがみんな手足が効かなくなってしまい、アンパンマンの周りに沢山の岩みたいなのが集まってきて押し潰されそうになるという一世一代の大ピンチ。バイキンマンがその事態を複雑な顔で見ているんですけど、いよいよ我慢しきれなくなったバイキンマン、次の瞬間なんて言ったと思います?

 

アンパンマン、お前を倒せるのはこの俺サマだけだぁー!」

 

って言って泣きながらアンパンマンを潰そうとしている岩を砕き始めたんですよ。もうここで涙腺崩壊。この時ばかりはアンパンマン側に加勢したのです。バイキンマン、ごめん。わたしが間違ってたわ。お前いい奴すぎ。は?ただのいい奴じゃん。最高だよお前みたいな奴。バイキンマンの良さわからない奴とかマジで子供だわ。

 

 

アンパンマンバイキンマンって永遠の敵同士だと思っていたけど、本当は真逆だったんだ。彼らはお互いになくてはならない存在だったんだ。じゃあ正義と悪は依存し合ってるってこと?違う。そんなことは絶対ありえない。そうじゃなくて、バイキンマンはそもそも悪なんかじゃないってことバイキンマンも正義だってこと。アンパンマンにはアンパンマンの正義と守るべきものがあって、バイキンマンにもバイキンマンの正義がある。考え方や生き方はみんな違う。てかみんな違って当たり前。真逆のことだってある。そういう人と時にぶつかって時に受け入れて、そうして初めて本当の友達になれるんだよ。っていうアニメ。それいけ!アンパンマン。深すぎ。

 

 

たぶんこういう考察してる人これまでにごまんといたと思うんだけど、わたしは改めて言いたい。アンパンマンはいいアニメ。全員観るべき。(言われなくても観てる)

 

 

この世にもアンパンマンみたいなヒーローがいてくれたらいいもんですね。

 

はい、綺麗にまとまりました。

 

 

 

条件は、今よりいい自分。以上。

 

 

久しぶりにブログにやってきた。気がつけば、わたしにとってはてなブログとは、悲しいことがあると開く革の表紙のような存在になっている。

 

 

 

悲しいというほどでもないけれど、生きるのっててぇへんだな!みたいな気分です。そうなんです、転職したんです。介護の仕事をしばらく続けてきたけど、体力の限界とかまぁいろいろあって・・・でも別にちゃんと円満退社だけどね。

 

久しぶりに職探し。しかも今までやってた介護も、入るときは知り合いのツテもあり、面接って言ってもほとんどもう決まってる状態での顔合わせ的な面接だったので、本格的な面接って本当、何年振りだろうっていうレベル。恥ずかしながらまったく何をしたらいいのかわからず、とりあえず履歴書つくっとくべ。みたいなノリで個人写真を撮りに行く。まじで写真うつり悪くて嫌になる。ってか履歴書とかなちぃーな!最初の就活のときに不器用すぎて何枚も書きまくったおかげで、書き始めたらスラスラ書けましたわ。

 


1件目、小さい派遣会社の面接に行ったのだけど、本当に本当に、習慣って怖いって思った。ビルの3階に入ってる会社さんで、しかもエレベーター降りた瞬間オフィスになってるタイプの会社だったんですよ。完全に油断してポケーっとエレベーター乗っていて、扉が開いて目の前にいた人に反射的に出た言葉「ちわーす」

 


おい小池。おい社会人。「ちわーす」とはなんだ。何語の挨拶か教えてくれ。それともここはお前の自宅マンションか?あぁ怖い。習慣って怖い。まじでゴミ出し行くときにすれ違う同じアパートの住人に言うボリュームとテンションで「ちわーす」って言った。そして次の瞬間、漫画みたいに血の気が引いた。ガラスの仮面のキャラみたいに瞳の中が見事に真っ白になる。わたしの中の姫川亜弓が叫んでいる。「あぁ、なんて恐ろしい子!」

 


19歳の初めての就活の時、就活指導の先生から口酸っぱく言われたことを思い出す。「普段からやってることって、そういう場で絶対に出るんだよ!面接の時だけいい格好しようなんて甘いよ!」これだ。懐かしい。とかいう感傷に浸っている場合ではない。本当に、世の中大人の言う通りだ。あれからもう5年経って今やっとこの言葉の重みを痛感する。

 


それでも相手は大人だから、自爆した挙句1人で目を白黒させている奇妙な女を見ても、1ミリも顔色を変えることなく「あ、面接の方ですか?」とか言ってくれて、わたしはさっきの「ちわーす」で失ったわたしの第一印象を取り戻すべく快活に「ハイ!!」と返事をする。しかしこんな世界一簡単な二文字で取り戻せるわけは当然ない。

 

 

 

しかも今回受けた業種は、販売。厳密に言うとSIMカードの契約。販促なんて未経験だけれど、いままでより体が楽な仕事を探していたし、販売は前からちょっと興味があったから応募した。それでいて第一声が「ちわーす」とは相当肝の座った新人である。面接中も「ちわーす」からの挽回を狙ってひたすら明るく返答する。マイナスからのスタート。ハンデをものともしない図太さ。フッ。燃えるぜ(お前のせい)

 


ところが順調に行っていたのも束の間、面接してくれたたぶん30代半ばくらいの物腰柔らかな既婚男性が、あまりにも話しやすい雰囲気を作るので緊張を忘れ、最後にうっかり本音を漏らしてしまった。

 


「いやぁでも正直、販売はやったことないので自信なくて・・・」

 


!?

 

 

しまった。いや「しまった」とかいう生半可な軽い言葉では済まされない大失態をおかした。面接で「自信ない」なんて禁句中の禁句!オワタやん。面接官の話術にまんまと乗せられた。アンタが!アンタがそういう「何でも話したくなる雰囲気」を作るから!アンタ面接官に向いとらんよ!カウンセラーやれよ!(絵に描いたような逆ギレ)それでもやはり彼は顔色一つかえず「そうなんですねぇ〜。」と言った。が、たぶん内心は「は?じゃあテメェここに何しにきたんだよ?この時間倍にして返せや」だろう。純情かよ。素直かよ。正直かよ。見せなくていいところで見せちゃったね〜「俺物語‼︎」の剛田猛男みたいな稀有な純情さ。よりによって面接という場でな。

 


クズだ。クズすぎる。社会人として終わりすぎてる。エレベーターに乗り込んで、ドアが完全に閉まるまで最敬礼をしている面接官のつむじを見つめながら、そうだ、帰りにツルハドラッグでブリーチ剤を買おう。と心に決めるナスコであった(発想が高校生)。いっそ髪を赤に染めて、ポンポンポーーン‼︎とか言ってるほうがこの世のお役に立てるかもしれない。意外とそっちの才能があるかもしれない。

 

 

 

当然ながら返事の電話は来ることもなく、わたしは今日も平日の昼間っからカップ麺すすってヒルナンデスを観る。今頃あの物腰柔らかな面接官は同僚と近所の居酒屋ランチでも食べながら、「滑稽なちわーす女」の話でケタケタ笑っているだろうか。

 

 

 

ED

悲しい〜こと〜がある〜と〜

開〜くはて〜なブロ〜グ

面接〜官〜の〜あの人は〜

やさしい〜目を〜して〜る〜

 

 

 

 

 

 

(2件目で無事に決まりました。お騒がせいたしました。皆さま、特にこれから就活を控えているそこのあなた。こんな大人になっちゃいけません。)