斜め上からナスコ

言わなくてもいいことを言いたい

私をくいとめて

 

 

生活にどうも行き詰まった時に、綿矢りさの小説を読んだりするのが好きです。綿矢さんの小説はわたしの癒しです。今回はじめて読んだ「私をくいとめて」はナスコ的 綿矢りさ作品ランキングの、かなり上位にランクインしました。

私をくいとめて

私をくいとめて

 

 

 

どれを読んでもそうだけど、どうしてこの人はわたしの思ってることをここまで上手く、まっすぐ代弁してくれるのだろうと思います。毎度、不思議でなりません。おこがましい話だけど、綿矢さんもきっとわたしと同じような思考パターンを持っていたり、同じような気持ちになることがあったりするんだろうなぁって勝手に思ってます。綿矢さんは感情描写に重きを置いた作品を書かれるのですが、それはもはや主人公の感情というよりも、半分エッセイを読んでいる気もしてきます。

 

 

主人公は33歳の独身OL。お金あり、恋人なし。ミニチュア収集が趣味で、ちょっとした特殊能力を持っています(笑)ファンタジーではないですけどね。独りでいることの幸せと寂しさの間で揺れまくっている、いかにも!いかにも綿矢さんが描きそうな人物!とわたしは勝手に思っています。

 

以下は、わたしが首の骨折れるくらい激しく同意した部分をメモしておこうと思います。

 

 

 

ほんの一瞬の幸せじゃなく、小さくてもずっと感じていられる確かな幸せを探し求めてきたはずなのに、私はまだ見つけていない。心配ごとがいつかすべてなくなる日なんて来るのだろうか。どうして私は、いつでも不満なことがあるのだろう。課題がいつも視界を塞いでいる。ちょうど目の高さに掲げられた真正面のカードをにらみ続けている。一本足のカード台に載せられたそのカードは名刺くらいの大きさで、語尾にクエスチョンマークつきの短い問いが書いてある。答えを解いてそのカードが引き抜かれても、後ろからまた新しいカードが出てきて、またすぐ問題を解決しなきゃいけない。

問題が解けて嬉しいのは、古いカードがひっこみ新しいカードが見えるまでの、ほんの一瞬だけ。

いつかカードが尽きて本当のゴールにたどりつける日が来る、これだけ努力したんだから来ないと許さない、押し付けがましい希望を持ちつつ、解き続けている。けれど根本的に生き方を変えないと、いつか破綻してしまうだろう。本当はカードが尽きる日なんてないことにうすうす気づき始めている。

 

 

これを読んだあと、たまたまオードリー若林さんの著書をチラッと読んだんです。相方のことについて書いてあるんですけど。オードリーが芸人として全然売れなくて、風呂なしのアパートで三十路を迎えようとしていた時も、M-1でテレビに出て売れて稼ぐようになってからも、それでも仕事はいつ減るか分からないと若林さんが焦っていた時も、春日さんのほうはいつでも幸せ度が同じなんですって。若林さんがこのままじゃまずいって相当追い詰められている時に、春日さんは横でゲームをしていたり、後輩と騒いでいたり、ただ今が楽しいというだけの理由でいつでも同じだけの幸せを感じているんだそうです。悪く言えば「向上心が皆無」、良く言えば「その日その日を楽しく前向きに生きている」。若林さんは(というか大抵の人は)今が充実しているならそれを維持したいし、もしくは今よりもっと良い生活を送りたいって気持ちからいろいろ改善したり努力したりするけれど、春日さんにはそれが一切通用しなかったみたいです。

 

そういう人をみてると確かに、自分にはどうして次から次へと課題が突きつけられているように感じるんだろう、どうしていつまでたっても満足できないんだろう、どうして自分で自分を縛ってまで努力しなきゃならないんだろうって考えちゃうんですよね。わたしは我儘なんでしょうか?ひねくれてるんでしょうか?不器用なんでしょうか?いつだって「余裕のある生活」がしたいのに、いつになってもそれを手に入れられない気がする。そもそも「余裕」って何かをうまく説明もできない。そんなもの本人のさじ加減でどうにでもなるのかもしれないけれど、ずっと追いかけている。この気持ち悪さ、生きづらさはいつまで続くんでしょうか・・・

 

 

 

「ううん、多田くんはなにも悪くなくて。自分が根本的に人を必要としていないことがショックだったの。人と一緒にいるのは楽しい。気の合う人だったり、好きな人ならなおさら。でも私にとっての自然体は、あくまで独りで行動している時で、なのに孤独に心はゆっくり蝕まれていって。その矛盾が情けなくて
「オレンジジュースを飲まないと死んでしまう人はいますか?」
「めったにいない」
「水を飲まないと死んでしまう人はいますか?」
「人間はみんなそうだよ」
「では、オレンジジュースが好きな人はいますか?」
「いっぱいいる」
「そうです。根本的に必要じゃなくても、生活にあるとうれしい存在はたくさんあるんです。というか、私たちはそういうものばかりに取り囲まれて生きていますよ。根本的に、なんて思いつめなくていい。多田さんに優しくして、彼が疲れているときは寄り添い、暗いときは何気無い会話でリラックスさせてあげなさい。彼の喜ぶ顔が見られたらうれしい、そんなささやかな実感が、愛です。相手の心に自分の居場所を作るのは楽しいですよ。大丈夫、あなたならできます。」

 

 

主人公が、久しぶりにできた恋人とギクシャクしてしまい凹んでいる時に、アドバイスを受けるワンシーンです。「根本的に必要じゃなくても、生活にあるとうれしい存在」を、わたしもいつか見つけたいし、誰かにとってそういう存在でありたいな、と思いました。それくらいの感覚でお互いを思える相手って、なんかすごく理想。

 

ちなみに、この最強の香りがするアドバイザーはいったい誰なの!?って気になった方は是非、小説を読んでみてください!なかなか興味深いですよ。

 

 

 

 

 

綿矢りささんの他の作品の感想も書いてます。

 

 

イノセント・風呂場

 

 

前回のメンヘラ記事でドン引きくらって、読者の数が30%減少しました(嘘)反省してます。がんばって生きます。

 

 

先週末、実家に帰ってきました。久々に兄が帰ってくるのでこのタイミングでみんなで揃おうということになり、久しぶりに一家で焼肉を食べに行ってきました。村崎家は節目やお祝い事の時は焼肉に行きます。

 

さて、実家に帰ってしたいことといえば入浴。とにかく温かい風呂に浸かりたい。この度は下着もしっかり準備してきたナスコですが、ひとつ詰めの甘い点がありました。いざ入る時になっていつも後悔するのです。シャンプーとリンスを持ってくれば良かった・・・と。

 

 

 

うちの風呂場は、なんと言ったらいいのかな。そう、奇妙です。ホラーではないけどニュアンス的なホラーって感じで、つかみどころのない歪んだ恐怖がそこにあります。ミステリーともいえるかもしれません。まぁわかりやすく言うと「イノセント・ガーデン」みたいなジャンルの怖さです。つまり「イノセント・風呂場」です(それが言いたかっただけ)

 

 

 

 

まずお湯。怪しげに濁った色。おそらくお湯を捨てるのがもったいないという理由で、前日のお湯を使いまわしているためと思われます。汚い。引かないでください。世の中にはいろんなタイプの家庭が存在するのです。別のケースとして考えられるのは、父が一番目に風呂に入る時にバブを入れ、それに気づかない母が入浴前に2個目のバブを投入して風呂に入ることがあります。1入浴1バブ制です。いやいや普通気づくだろ?!視界白黒なんか?!イカ2貫!」の要領で「バブ2包!」って言わせたい。千鳥のノブさんに。

 

 

 

そして一番奇妙なのはシャンプー置き場。うちの風呂場には3段の棚があって、そこにシャンプーリンス類が並んでいます。まず一番上の段からさっそく不気味な容器が。招き猫のポーズをしているが決して招き猫ではない猫の形をした、薄ピンク色のシャンプーボトル。実はこれ、わたしが小学生くらいの時から父が愛用しているボトルで、当初は目とか鼻とか描いてあったのに今じゃあ完全に剥げ落ちて、ただののっぺらぼう猫です。しかも中身なんですが、透明のトロッとした液体が入ってまして、父はこれで頭から顔から体から全て洗っておしまいです。どこで売っているなんというシャンプーかも知りませんが、どうやら敏感肌用らしい。うちの父は敏感肌なので、母がいつもこれを買ってきてこの猫ちゃんボトルに詰め替えているようです。これ以外では嗅いだことのない、良いとも悪いともいえない独特な匂いがします。

 

 

2段目には、わたしが実家にいた時に使っていた洗顔ソープ(クラシエのナイーブ 桃の香り)がおそらく当時のままの状態で置かれたままになっています。持っていかなかった自分が悪いんですが、もはや持って帰るタイミングを失ってしまいました。まるで文化遺産の如く大切に保存されています。悪くなるものじゃないので、帰った時はそれ使って顔洗っています。もう一本立っている白いボトルは、昔から母が使っているジェルクレンジング。まだ化粧などしなくても外を出歩けたあの頃のわたしが、このクレンジングジェルを保湿ジェルと間違えて、風呂上がりに顔に塗りたくっていた苦い思い出が蘇ります・・・。デカい字で「クレンジングジェル」って書いてあるんですけどね。若さとは愚かさであります。

 

 

3段目は母ゾーン。まずお伝えしておきたいのは、村崎家の風呂場ではシャンプーとリンスが揃って同じメーカーのものが置いてあるのを見たことがないという点です。普通、アジエンスとかいち髪とか、シャンプーとリンスがセットになってるわけじゃないですか。でも村崎家にはそんな「普通」は通用しません。怪しげな海外製のシャンプーと、見たことも聞いたこともない謎のメーカーのリンスと、高級ブランド?の極小の容器に入ったコンディショナー。みたいなラインナップになっております。特に目立っているのは、グアム土産みたいな装いをした海外製のシャンプーボトル。深緑の容器に英語のラベルが貼ってあって、ハニーとかなんとかって書いてあります。日本製みたくポンプ式の容器じゃなくて、蓋をパカって開けて下を向けないと出てこないタイプのやつ。中には透明のシャンプーが入っていて、ハチミツのような柑橘系のようなボンヤリした甘い匂い。何が怖いってこのシャンプーで頭を洗うと、髪がこれ以上ないくらいキッシキシになります。食器用洗剤かな?わたし今 キュキュットで髪洗ったんかな?ってくらいキッシキシです。慌ててリンスに手を伸ばすと、これまたよくわからないメーカーの製品でして。日本製なんですけども、街のドラッグストアで売ってるのを未だかつて見たことがないです。中身は普通のリンスで香りもいいのですが、髪になじませるとなぜかちょっと泡立つという奇妙な現象が。これもしかしてシャンプーなのでは?という疑いにかられ、不安になりながら流すと、さっきの髪の軋みが完全に消えているので良しとします。

 

 

 

そんな棚を目の前に「あぁ、使い切りタイプのシャンプーとリンスを持ってくれば良かった」と、自宅の洗面所に溜まっているあの試供品たちを思い出しては、やるせない気持ちでがっくりと肩を落とす。これが実家での入浴時の恒例行事となっております。

 

 

 

センチメンタルストーカー

 

 

暖かい穏やかな晴れの日が続いている東京の空の下で、部屋のカーテンを閉め切り、9:30に目覚めてから一歩も布団を出ず、テレビもつけずにスマホを眺め続け、手の届くところに落ちていたアルフォートを1枚食べて朝食を済ませた女がいる。おはようございます。ナスコです。布団の中から失礼します。

 

 

前回の記事でも書いた通り、中学生から高校生の頃に書き続けていた日記をデータ化する作業をしばらく続けています。

 

 

 

クラスのS君に大恋愛中の中学3年生の自分の日記の文面をひたすら打ち込んでいたら、完全にその頃の気持ちが蘇り、初恋の思い出が走馬灯のように駆け巡って死んでます。そんなんで情けないことにちょっとセンチメンタルになっている今日この頃です・・・青春ってイイわぁー!!(急に大声出す奴)

 

 

S君のエピソードは、前にいくつか書いたことがあります。

 

 

まじでワイって執念と未練だけで生きとるのね?あと、昔好きだった人のツイッターアカウント見つけられる検定1級なのね?怖いよね。怖すぎるよね。付き合ってたわけでもないし、なんか進展があったわけでもないのにどんだけ引きずってんだよっていう。それがいけないのかもしれないけど。不完全燃焼的な。まぁ今のところあれ以上の恋をしていないっていうのも原因だと思うんですが。でもたぶんわたしってストーカーの素質あると思うんだよね。うん。自慢じゃないけど、他人の家の所在地とかツイッターアカウントとか探し当てるの速いし。男に生まれてたらヤバかったと思う。本当にストーカーになってたと思う。女でも十分ヤバいけど。

 

 

ちなみに現在、S君は社会人1年生。大学で専攻していた分野を生かして働いてるようです。詳しいことは個人情報なので書けません(怖)実家出てるのかどうかはさすがにわからない。わたしの地元って都内に通える距離なので、その辺の判別つかないんですよね。

 

 

ちなみにちなみにS君は、中学時代は陸上部で高跳びをやってまして、顔はSEKAI NO OWARIの深瀬をちょっと面長にしたみたいな顔です。イケメンとは言い難いです(失礼)

 

 

 

とにかく、わたしがストーカーまがいの犯罪を起こす前に新しい恋ができるよう祈っててくださいね・・・何卒・・・

 

 

 

2010年2月25日

 

 

 

久々こーしんだ⭐️ミ

久でーす!すっごい久!

あんま変わったコト・・・あっある〜〜席がえ!

したんよー lastの!みなcとまたおんなじ班♪))

かと思ったらさあ))笑))かえられたー(泣)))いや、

同じ班なんだけどーはっしーをはさんでてぜん×2

しゃべれないんよー(泣)そのかわりさかきが🐽入って

きた💦マジでやだーってかんじ❗️でも、

まどがわにはまゆいて、前の前はなつみん

でいいっちゃいいけど・・・❤️

みなcがかわいそーだよー💦女子いない!前は、

ありさとゆきc・・・ありさはまだいーけど❗️・・・だよ!

ゴルスラ✋よみきった!完 うーん・・・

いいハナシってゆーのかなー?!?!でもさいごはよかっ

たかも!でもせーけーしちゃうのは残念↓↓💧💧

映画はみたいわぁ!TVこーかい待つ!!

今日わ、調理実習でしたわぁ))❤️すんごいーーー

おいしかった!!👍😄みんなとってもがんばっとった🐾

あれはいちばんおいしいかも!🚩すごい!

まるやま、タマゴ🥚あれるぎーなのに、食べちゃって、ぐわい

わるくなって保けんしついった〜〜〜笑 なんでたべたの?!

たばたが、「まる死んだら、おそーしきみんなで行かなきゃっ」

っていってたのがめちゃうけた!「えっれいせいだなー😲」みた

いなかんじでした!😄ふしょうしゃ負傷者も、多いしー

この前ガラスわれて(きのう)ヤナギサワ今日、手つってたー

すごーいなーうちのクラス、まじるーず笑))🏠

 

 

 

 

 

これが、9年前のわたしの日記です・・・・・・。

中学生ですね・・・はい。冒頭からツッコミどころ満載なんですけども。まず、日記のくせに「こーしん(更新)」って何?ブログ気取り?お前これ手書きだぞ?読むのお前だけだし。とか挙げ始めたらキリがないのでこの辺にしておきますけど・・・。中学生なのでお許しくださいね。

 

 

 

最近、とにかく物を減らそう!と思って片付けをしてまして。中学生の時から高校卒業する時くらいまでずっとつけていた日記が全部で6冊くらいドサっとあるんですけど、見られたら恥ずかしすぎるので肌身離さず、実家から一緒に連れてきてあるんですよ。やっぱり捨てられないですね。時々すごく読み返したくなる時もあるし。好きな人と話せたとか、好きなお笑い番組の感想とかいろいろ書いてあって、なんかこの年頃に考えていたことって本当浅はかだったけど、でも今思うと愛おしいなぁみたいな感情湧いてくるんですよね・・・っていうほど月日経ってないけど(笑)10年前ってわたし中学生だったんだ・・・とちょっと愕然としているところですが。

 

ただこんなに恥ずかしい日記を取っておいてもリスクが大きい。今ここに貼った内容は序の口でして、もっと恥ずかしい内容の記事がたくさんあるのです。いくら自宅に保管しているとはいえ、もしわたしが今日交通事故にでもあって死んだ場合、全部読まれてしまう。交通事故ならまだしも、ストーカー殺人みたいなのに遭って、大々的なニュースになって、特集番組が組まれて、わたしの日記のしょうもない一節が引用されて、全国に垂れ流されるかもしれない。それともわたしが東京の街中で、急にむしゃくしゃしてきて、通り魔的に何人も刺して逃げて、全国指名手配になって、家宅捜索が入って、これまた特集番組になって、わたしの日記のしょうもない一節が引用されて、全国に垂れ流されるかもしれない。それとも(止まらない)

 

というあらゆるリスクを考え、やっぱりこの日記たちを捨てようと思い立ったのです。ただし捨てるといっても、やはり内容は取っておきたいので、データ化することに。鍵付きの日記アプリに打ち込んでいくことにしました。ただ、6冊もあるため全部ページを打ち込んでいたらたぶん20代終わると思うので、読み返して取っておきたい部分だけデータ化しようということになったわけです。写真でもいいんですが、重くなりそうなのでテキストで残すことにしました。

 

 

 

手書きの日記なのでなんの違和感もなく、中学生らしいなぁとか思いながら今まで読んできたんだけど、いざPCで文字に起こしてみると、なんかとんでもなく馬鹿なギャルJKのブログみたいになってしまって味気ないですね・・・。ひらがなとか漢字とか絵文字(実際は手書きですが)も忠実に再現してるんですが、まぁ漢字をぜんぜん使わないなこいつw 本当ただの頭悪い子みたいな日記だわ。とにかくツッコミどころ満載で、9年前の自分の文章力に笑いながら打ち込みを楽しんでいます。

 

ちなみに、途中で出てくる「ゴルスラ」とは「ゴールデンスランバー」の略です。「ゴールデンスランバー」は伊坂幸太郎さんの小説なんですけど、それを読了した中学生のわたしの感想にご注目ください。

 

「いいハナシってゆーのかなー?!?!でもさいごはよかったかも!」

 

オイ。かの伊坂大先生に向かってなんだその生意気な感想は。そりゃあお前みたいなバカ丸出しの中学生にはまだ100年早いわ。出直してこい。というまっすぐな怒りが込み上げてきました。ちなみに「ゴールデンスランバー」は本当に面白い最高のエンターテイメント小説です(フォローするまでもない)今も本 持ってます!ちゃんと読み返します!(土下座)

 

 

今1冊目が終わったところで、クラスの男子S君に大恋愛中です(笑)懐かしい。もうあんな恋愛できなくなってしまったなぁ・・・(遠い目)これからあと5冊分打ち込んでいくので、もしかしたら当時の自分にちょっと影響されて、徐々にわたしのブログが頭悪いギャルみたいな文面になっていくかもしれないですけど、そうなっても捨てないでくださいね。また公開できる範囲内のヘンテコな日記が出てきたらお見せしますw

 

 

 

 

充電、充電、充電

 

 

ポケットWi-Fiに変えたって話したじゃないですかぁ。2週間くらい経ったんですけどぉ。便利は便利なんですけどぉ。

 

充電が大変。

 

 

 

充電充電充電。充電に追われる毎日。まずポケットWi-Fiを充電。iPhoneを充電。別でガラケーも持ってるのでガラケーを充電。そして音楽はWALKMANで聴いてるのでWALKMANを充電。Bluetoothイヤホン使ってるのでそれも充電。モバイルバッテリーを充電。ワイヤレス掃除機を充電。充電充電充電。とか言ってるうちにネットがブチっと切れて、何かと思ったらポケットWi-Fiが充電切れ・・・(最初に戻る)

 

 

そもそも、何にしても充電切れるの早くないですか!?こんなに科学技術が進んでるのに、なんでiPhoneモバイルルーターの充電は1日しか持たないのだ!?普段なんの疑問もなく毎日充電してますけど、ふと立ち止まってよくよく考えてみると・・・キレそう。外出先から自宅のエアコンをつけられる機能など作る前に、まずやるべきことがあるだろう!長持ちするバッテリーを作ってくれ。AIで何でもできるようになるとかなんとかほざいているけども、そんなことより長持ちするバッテリーを作ってくれ。だいたいAIがなんだ!なんでもやってくれるなんてただの嘘だ!「アレクサ、iPhone充電しといて」って言ってもあいつは「はいはい」って言って床に転がってるiPhoneを拾い上げてケーブルにさしてはくれないぞ!?「モバイルルーターの充電がもうすぐ切れるので充電しときますよ」とかいう気の利いたことひとつも言えないじゃないか!わたしはAIなどいらん!アレクサなど役立たずだ!わたしが欲しいのは、ただなんでも身の回りの世話をしてくれる「ばあや」だ!!(話変わってる)

 

 

結局、一番気が利くのは人間なんですよ。だから充電くらいのこと自分で全部やれってか。あーあ。めんどくさい。話戻りますけど、この中で一番充電が長持ちするのなんだと思います?ガラケーですよ。笑っちゃいますね。ガラケー最強説ですよ。電話とメールくらいしか使わないとはいえ、一切充電しなくても軽く5日は持ちますよ。ガラパゴスケータイのバッテリーが一番優秀。皮肉な話ですわ。よくガラパゴスなどと呼んだものだ。iPhoneよ、よく聞け。お前のバッテリーはガラパゴスに負けている。iPhoneに言ってもしょうがない)

 

 

ちょっと取り乱してしまいました。失礼いたしました。こうしている間にiPhoneちゃんのバッテリーが残り16%です。お疲れ様でした。今日もあらゆる機器を充電ケーブルに繋いでから眠りにつくとします。